11月上旬の連休は、 Kohaihai Campsite 」にキャンプに行く事になった。

このキャンプ場はChristchurchから約6時間半Westcoastの最南端、道の終点地にある。





そして、ニュージーランドでもっとも美しいトランピングトラック、Great Walksの一つ
「 Heaphy Track 」の終点地でもある。

実はこのHeaphy Track、ワーホリの時と旅行できた時の2度、雨で断念しているのだ。
ワーホリの時は豪雨。
当時住んでいたHeaphy Trackの入り口付近の町、Takakaの7つのファームが壊滅したほど。

もちろんトラックはクローズ。

その事を知っている夫から
「先にHeaphy Trackを歩いてきたら?」と提案してくれたのだ。

思ってもみない事で、気分は最高潮!

そんな事から、私はバスで一足先にトラックの入り口に回って歩き出し、
ゴールのあるKohaihai Campsiteで落ち合う事になったのだ。


Heaphy Track(→)は全長78.4km、通常4-6日かけて歩くコースとなっている。


heaphy-track-map-565


Heaphy-Track_elevation-profile_web

NZではHutがすごく整っているので、
夫婦で行くトランピングは身軽なHutで泊まる事が多いけど、今回は一人。

1日目は大好きなテント泊、2日目は行程上Hut、2泊3日で歩く事にした。

1日目 Brown Hut ー Aorere Shelter ー Perry Saddle Hut
    ー Gouland Downs Camp

2日目 Gouland Downs Camp ー Saxon Hut ー James Mackay Hut ー Lewis Hut
3日目 Lewis Hut ー Heaphy Hut ー Katipo Creek Shelter ー Kohaihai Campsite


1日目は、前泊していたNelsonからトラックの始まるBrown Hutまでバスで移動。

お昼前に到着して歩き出した。


thumb_P1230588_1024
Brown Hut


ここから次のAorere Selterまでは、Bushの中を歩いていく。



thumb_P1230601_1024




久しぶりのGreate Walksは、石がごろごろしているが、道がすごく整備されていることに驚く。
Grate Walksを歩いたのは4年前。
歩きやすかった記憶はあるが、ここまで歩きやすかった事は覚えていなかった。



thumb_P1230596_1024

 
大きなシダがたくさんあるのも、West Coastに近いHeaphy Trackならでは。 

途中、バスで一緒になったKiwiトランパーと、話しながら歩いていたら、
あっという間にAorere Shelterに到着。


thumb_P1230606_1024

 

軽めにランチをして、再び歩きだす。



thumb_P1230609_1024
 

少し歩くと、Heaphy Trackの一番標高が高い場所にたどり着く。

曇っていた為ここからの眺めは期待できないが、もちろん足跡を残したい。



thumb_P1230612_1024


思った通り。

ここから次のHutまでは、さほど離れていなかった。



thumb_P1230619_1024


『Perry Saddle Hut』
到着して、すっごくきれいなHutで驚いた!


thumb_P1230620_1024

 
2012年に建てられたそう。
綺麗なわけだ。

今回Nelsonからのバスで一緒だった人たちは、3泊の予定。
テントにしろHutにしろみんなここが宿泊地だ。

私は、もう一つ先のGouland Downs HutのCampsiteが宿泊地。
エネルギー補給をしたら、進まなければならない。

ここでテントたてたい。。。。と正直思っていた。

というのも、この時すでに股関節に痛みを感じていたのだ。


しかし、歯を食いしばって?歩き出した。

するとこんなにかわいい石が、元気付けてくれた!


thumb_P1230627_1024


大きなハートいし*


すっかり元気を取り戻し、元気よくすすむ。単純。笑

Perry Saddle HutからGouland Downs Hutまでは、草原地帯を歩いていく。



thumb_P1230630_1024


 
この時はまだ春。
トランピングシーズン先取りのトラックは、ほとんど人が歩いていない。
さらにここから次のHutまでは、私の貸切トラックだ。

ワクワク楽しくなってくる。



thumb_P1230631_1024



そしてこれ。
楽しみにしていたBOOT POLE CORNER

トランパーが履かなくなったトレッキングブーツを置いていく、
いわば名物オブジェみたいな場所なんだけど、ブーツ以外にもハイヒールや子供靴など
いろんな靴が置いてあった。

正直山好きな私としては、ブーツだけのが雰囲気あってよかったな。



そうこうして歩いていると、ついに宿泊地、Gouland Downs Camp』に到着!


thumb_P1230643_1024



到着後、すぐにテントを張る。



thumb_P1230640_1024


貸切。


Hutにも誰も泊まらないようで、すべて貸切。


このテント場、ウッドデッキみたいになってて、この上にテントを張る事になっている。
環境保護の為だと思うけど、ロープの固定場所にけっこう頭をつかった。
風があまり強くない場所かな?
この日は無風に近く、何かあれば避難かな、と思いながらある程度で終わらせた。




thumb_P1230635_1024



夕食はNelsonのThaiレストランでテイクアウェイしたフライドライス。
そして、ゆで卵と味噌汁。

今回の2泊3日分の食料は、正直けっこう重いものをチョイスしている。
それは、美味しいごはんを食べたかったから

NZには、好みのフリーズドライ食品やレトルト食品が少ない。
しかも、あってもあまり美味しくないのだ。

さすがに手間のかかる物は持っていかないけど。


この日は久しぶりのテント泊の荷物、
さらにいつもより重たい食料を担いでたせいか、クタクタになっていた。

クタクタになってまで担いできたワインを飲んで、テントに戻ってシュラフに入る。


私以外誰もいないこの日の夜は、
フクロウと、NZ固有種の鳥"Kiwi"の声だけが、響き渡っていた。