NZでも選りすぐりの美しいNative Bushが残るWest Coast

雨が多く、天気が良くない日が多くて有名だけど、
その分みずみずしく、生き生きとした木々達が迎えてくれる。


そんなWest Coastの自然の中に溶け込みたくて、Christchurchから車で約4時間。
2月のWaitangi Dayに向かった先は「 Hokitika 」




 


このHokitikaで2泊3日のキャンプをする事にしたのだ。

 

途中には、Arthers Pass National Park内にあるArthers Passを越える。

展望台に立ち寄ると、NZの固有種で高山帯に住む「 Kea 」が 迎えてくれた。



DSCN9930



Keaはオウムの1種。
観光客のカメラを取って飛んで行ってしまったり、驚かしたり、とってもイタズラ好き。


DSCN9935


この時も旦那が写真を撮っていると、カメラを奪う素振りを見せ、まんまと驚いていた(笑)


DSCN9936






Hokitikaの街に着いた時には、とっくにお昼をを過ぎていたので、まずはランチ。
初めてのHokitikaは思ったより?お店があったけど、正直パッとするお店が少ない。


もちろんカフェはちょこちょこあったけど、
昼食ににカフェって感じではなくて、ぐるぐる周ること15分。


ようやく決まったお店はFat Pipi Pizzas 」(→)。

決め手は入り口のガラスに貼ってあった、TripAdviser Awardsのステッカー。
お店の風委員気も良くて、とっても美味しいピザが食べれた。


DSCN9945



種類も豊富でオススメ!
 


おなかが満腹で満たされたら、そのままお店の裏口からビーチへ。


DSCN9948


Hokitikaといえば、この流木のHokitikaサイン。
夕日に染まるサインはとってもきれいで、ポストカードで見かけたことが何度もある。

ちょうどHokitikaの「O」に太陽が入る瞬間の写真。


DSCN0033


これは、街に貼ってあったポスターだけど、次の機会には見てみたいな。




街から車を約10分走らせると、
今回のキャンプ地「 Lake Mahinapua Campsite 」(→) に到着。

このキャンプ場も、おなじみのDOCの管理する場所で、目の前には名前の通り、湖が広がる。
ジェティーもあるから、ボートも出すことができる。



DSCN0017




料金 1night
         Adult : $6
         Child : $3

シャワーはないが、トイレとクッキングシェルターがある。



そして、この湖からは少し小さいけど、サザンアルプスも一望できる素敵な場所。
周りはネイティブブッシュに囲まれ、ショートウォーキングトラックもあるのだ。


DSCN0419


DSCN9971


テントを立てたら、ショートウォークトラックへ。
まずは、「 Bellbird Work 」


DSCN9960



このトラックはテントサイトに入り口があり、湖の付近のBushを歩く約10分のトラック。


DSCN9969


とっても整備されていて、ぐんぐん進みながら気持ち良く歩いていると、
アッという間に終わってしまった。(笑)

軽〜く歩きたい人にちょうど良さそう。




こんどは、テントサイトの入り口付近から歩ける「 Jim Michel Walk 」へ。


DSCN9972




このトラックは、往復2時間30分。
整備されていて、フラットの道が続き歩きやすい。


一歩Bushの中に入ると、深い深い緑のNative Tree達に包まれる。




DSCN9994



DSCN9992



たくさんの鳥の声が響きわたり、まるで別世界。


DSCN9982



まだ人がこの国に入る前、「 鳥の楽園 」と言われていたのがよくわかる。



DSCN0012





自然の中に入り、自然と一体化する瞬間がたまらなく好き。

そして、「今の自分はこの自然に受け入れられているのか」と、問う。



豊かな自然が残るNewZealandも、たくさんの環境問題が存在する。

まだまだ勉強不足な私。

もっともっと自然の事、環境の事、地球の事を勉強して、

母なる地球に、恩返しができるようになろう。