Ianの家を出た後は、Takakaのタウンからさらに奥へ車を走らせること約20分。
Tukurua Beachにあるキャンプ場、「 Golden Bay Holiday Park 」へ。











このキャンプ場は、全国に展開するKiwi Holiday Parkの一つ。


キャンプ場にあるTukura Beachは、このキャンプ場のプライベートビーチ。


Marahauで利用したキャンプ場(Old MacDonalds Farm)のように、
キッチンとバスルームはもちろん、ランドリーにラウンジまである。


テントがなくても、2ベッドルームのビーチフロントにあるBrach Houseと、キャビンもある。
どちらもキッチン、バスルームなど必要な物はすべてそろっている。


小さな子供連れのFamilyや、キャンプ初心者でも安心して宿泊できるのが、
こういった大きなキャンプ場のいいところ。






P1050068




今まで利用したキャンプ場と違うのは、テントを張る場所が決まっている事。
一応、受け付時に予約状況と確認しながら、空いている場所の中からなら選ばせてくれる。



私たちは2泊。
年越し前の2泊だったから、かろうじて空いていたけど、年越しは予約でいっぱい!


実際に他のキャンプ場にもいってみたんだど、どこも空いていなかった。
年末年始にGolden Bayのキャンプ場を利用する時は、予約したほうがよさそうだ。




料金
Tent site
1night Adlut : $32

          



年末年始価格。。。

どこもいっぱいだし、設備が整ってるし、値段は仕方ない。。。








後から来たおとなりさん。

乗り込んだキャンピングカーはアンティークカーで、とってもCool!




P1050193





敷地内を散歩してみると、




私たちのテントの裏手は、ちょうど川の河口で海につながっていて、
海へのアクセスはとてもよかった。






P1050088







P1050084


P1050105




P1050102



大きなテントを立てて、ボートやカヤックを持ち込んで、釣りしりカヤックしたり。





P1050083





P1050187




キャンピングカーやキャラバンもたくさん。



最高のロケーションの場所には、ベンチも。





P1050151






海は青く美しく、太陽が出れば、みんな一気に海へ移動!





P1050132




P1050134




本当にFamilyが多くって、ここを拠点にゆっくりと、年末年始を遊んで過ごすような人ばかり。


それと感じたのは、ほとんどがKiwi(NZの人)という事。
英語を話しているのはもちろんなんだけど、完全にKiwi Englishなのだ。

話してみれば、だいたいKiwi、しかもとなりの家族は同じクライストチャーチから。(笑)


Nelsonあたりまでは、言葉もインターナショナルだったんだけどね。







私たちはおきまりの、ビーチで宝物さがしをしたり。




P1050142




P1050146





かわいい石がたくさんあって、ここのビーチがお気に入りの1つになった。









にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ