Marahauを出たら、私達の大好きな町「 Takaka 」を目指す。



 




Takakaはワーホリ時代に住んでいた小さな町。


この辺りの湾を「 Golden Bay 」といい、夏になると国内からたくさんの人で賑わう場所だ。





IMG_3645





私の滞在していた時期は冬だったから、静かな暮らしだったけどね。



Takakaに行くには、Takaka Hillという標高800mの峠を越えないといけない。
この峠を越えるのにけっこう時間がかかるのと、かなりの山道。

車酔いのある私にとって、ある意味恐怖の峠なのだ。



休憩をかねて、Takaka Hillの途中にある「 Nagarua Cave 」の入り口に車をとめる。




P1040998




Ngarua Caveは鍾乳洞。
45分のガイドツアーがあり、詳しい説明を聞きながら楽しむことができる。

なんと!恐竜の骨が展示してあって、触らせてもらえるらしいよ。





峠を越えて、しばらくするとようやくTakakaに到着。





P1050015




P1050009







まずは、Libraryの前の駐車場で行われている「 Village Market 」へ。






P1050011





冬は第一土曜日だけの開催だったけど、夏は毎週。
人も多ければ、出店数も倍!




P1050002




ぐるっと一回りして、お気に入りのSoap屋さん「 Clean Earth Soap 」へ。




P1050005




今回は、このMarketでしか買えないレモングラスのソープを購入。

Golden Bayで、Takakaで作られているこのソープ。
とっても使いごごちが良くて、本当にお気に入り!

Christchurchのオーガニックショップ「 PIKO 」でも購入可能だよ。







Marketを後にして、向かった先はお友達のIanの家。


Ianは大きなオーチャードを経営していたんだけど、4年くらいまえの嵐で家ごと流され、
今は自分の食べる分だけの野菜などを育てている。

と言っても、フルーツは自然になってるけど(笑)




敷地内にある大きなアボカドの木。



DSC_4346




DSC_4344






アボカドは2種類あって、これはHassで、もう一つはReed
Reedはまんまるで、味が濃厚!

特にIanの家のアボカドは、最高においしい!
すべてオーガニックだしね!



日本でReedを見た事がないんだけど、輸入してるのかな?






Ianとの再会をはたし、「 今日1泊、敷地内でテント張らせてもらっていい?」とお願いをする。

すると、「あそこに張るといいよ。」と、場所を説明してくれる。
「海が見えて最高の場所だから」と。



お礼を言って、夕食を一緒にしようと約束し、今日のキャンプ地へ。





P1050023




確かに海見える!けど、強風!(笑)
この日はあまり天気が良くなかったからね〜。



Ianは牛も育てていて、ここは牧草地の一つ。
奥に牛さん、見えるかな〜。




早速風が、一番避けれそうな場所に、テントを張る。




P1050020






日中は買い出しにいったり、ビーチに行ったりのんびりと過ごし、




P1050017






夕方になったら、食事の準備。



ちょうど近所のおじさんが、Ianの家に来て、
釣ったばかりのグローパー(クエ)をおすそ分けしてくれたので、焼いて食べる事にした。




食事は私たちがテントで作り、持って行くことになっていたんだけど、
準備中なんだか騒がしいなーと思って振り返ると、








P1050051





Ianの牛さんが、大集合!



ジーと見つめる牛たち。(笑)





P1050056



P1050066




 


かわいすぎる!(笑)








準備が出来次第、再びIanの家へ。

今日のディナーは、グローパーのグリルとベジとご飯。





P1050046





とれたての魚はおいしいー。




Ianは80歳を超えるおじいさん。でもめちゃくちゃ元気。
今は一人で農園を管理し、生活しているのだ。


Kiwiのお年寄りと接する機会がよくあるんだけど、 みんな本当に元気!
体を動かすのが好きな国民性だからかなー。 



Ianとたくさん話して、また会いに来る約束をする。






P1050048





Ian、いつまでも元気でいてね、またすぐに会いに行くからね〜◎








にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ